ノアンデは陰部にも使えるの?



ワキガやワキ汗に悩む人に向けて作られた制汗剤、ノアンデ。

制汗剤のランキングサイトでも取り上げられるなど、非常に人気です。

そんなノアンデですが、陰部にも使えるのか気になっている人もいると思います

この記事ではノアンデの陰部への使用について説明します。

ノアンデは陰部にも使えるの?

結論からいうと、ノアンデは陰部にも使えます

陰部のワキガはすそわきがと呼ばれ、これに対してもノアンデは使用可能です。

ノアンデの公式ページではワキガ対策が強調されていますが、成分的にはワキ以外のところにも使えます。

ノアンデには

  • シメン-5-オール
  • フェノールスルホン酸亜鉛

という成分が含まれ、体のあらゆる部位で制汗・防臭に使うことができます。

また無添加で肌に優しいため、陰部への使用も問題ありません(陰部を除く)。

※公式サイトより

シメン-5-オールはニオイの元となる菌の繁殖を抑えます

すそわきがも原理的にはワキガと同じで、皮膚表面に存在する細菌が汗に含まれる成分を分解することでできる物質が原因です。

細菌の数が普通であれば、そこまでニオイは生じません。

しかし細菌が過剰に増えるとその分ニオイの原因となる物質も多く発生し、結果として独特なニオイを生じます。

またフェノールスルホン酸亜鉛は汗腺にフタをし、汗の量を抑えます

フェノールスルホン酸亜鉛は汗に含まれるたんぱく質と結びつくことで、汗腺の出口を塞ぎます。

これにより汗をかく量が減り、結果としてニオイの原因に対処することができます。汗腺から出られなかった汗は尿として排出されます。

ノアンデにはこれらの成分が含まれ、すそわきがへの対策としても有効です。

注意点としては、粘膜には塗らないこと。ノアンデは粘膜へは使えません。

粘膜はデリケートなため、ノアンデを使う場合には粘膜以外の場所で使うようにしてください。

まとめ

ノアンデはワキガだけではなく、すそわきがに対しても使うことができます

すそわきがは恥ずかしくてまわりに言いにくい悩みですが、原理や対処方法を知ることで解決もむずかしくはなくなります。

ノアンデは無添加なため陰部に対しても使うことができ、ニオイの悩み解決において非常に有用です。

ノアンデを手に入れたあなたが、ニオイの悩みと無縁の生活を手に入れることを期待しています。

ノアンデの公式サイトはこちら

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする