サラメンは重度のワキガやワキ汗にも使えるの?

「大事な商談前に、滝のようなワキ汗が出てきてしまう…」
「ワキガのニオイがどうしてもおさまらない…」

ワキガやワキ汗がひどい人のなかには、サラメンの購入を考えている人もいることでしょう。

サラメンについては「サラメンって重度のワキガには使えるの?」「滝のようなワキ汗にも使えるの?」と気になる人もいると思います。

この記事ではサラメンが重度のワキ汗や、大量のワキ汗に使えるかどうかについて解説します。

サラメンは重度のワキガやワキ汗にも使えるの?

結論からいうと、サラメンは重度のワキガやワキ汗にも使えます

サラメンには

  • シメン-5-オール
  • フェノールスルホン酸亜鉛

という2つの成分が含まれており、これらは重度のワキガや大量のワキ汗に対しても有効です。

シメン-5-オールは殺菌作用を持ち、ワキガ臭対策として有効です

ワキガのニオイは、皮膚表面の細菌が汗に含まれるたんぱく質や脂質を分解することで生じます。

細菌がたんぱく質などを分解する際、細菌の数が普通であればそこまでニオイは生じません。しかし細菌の数が増えすぎてしまうとその分ニオイの原因となる物質も多く生じてしまい、ワキガ臭が強くなってしまいます。

シメン-5-オールの殺菌作用は細菌の繁殖を抑え、結果としてニオイを抑えることにつながります。

また、フェノールスルホン酸亜鉛には制汗作用があります。

フェノールスルホン酸亜鉛は汗に含まれるたんぱく質と結びつくことで汗腺の出口にフタをし、皮膚表面に出てくる汗の量を減らします

出られなかった汗は尿として排出されるため、汗腺の出口を塞ぐからといって危険なわけではありません。

フェノールスルホン酸亜鉛はワキ汗を多くかいてしまうという場合にも使うことができ、汗の量を抑えてくれます。

これらシメン-5-オール、フェノールスルホン酸亜鉛といった成分が含まれていることから、サラメンは重度のワキ汗やワキガにも対処することができます。

サラメンの効果的な使い方

ワキガやワキ汗がひどい場合、サラメンを出かける前と寝る前に使うだけでは足りないこともあります。

サラメンは使い方としては出かける前と寝る前の1日2回使うことを想定されていますが、ワキガやワキ汗の程度によっては足りないこともあります。

その場合には、昼などに塗り直すのが効果的です。

サラメンを使っていて1日2回だけでは効果が足りないと感じる場合には、塗りたい部位をウェットティッシュで清潔にし、サラメンを塗るようにすればOK

汗の量は生活スタイルによっても変わるため、塗り直すという使い方を覚えておくと便利です。

まとめ

サラメンは重度のワキガやワキ汗にも使えます。

サラメンは重度のワキ汗やワキガに使うことを考えて作られており、市販の制汗剤ではおさまらないという場合にはかなり役立ちます

サラメンは1日2回使うことを想定して作られていますが、あまりにもワキガやワキ汗がひどい場合には使う回数を増やすのも有効です。

サラメンを手に入れたあなたが、ワキガやワキ汗のお悩みを解決することを期待しています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする