ワキガ対策に使える制汗剤は、ワキ以外にも使えることが多い

制汗剤のなかにはワキガ対策が強調されているものが多いです。

しかしながらワキガ対策に使える制汗剤の多くはワキ以外にも使うことが可能で、足などにも使うことができます

この記事ではワキガ対策用の制汗剤について、どこまで使えるのかについて解説します。

ワキ以外にも使えることが多い

ワキガ対策の制汗剤には

  • イソプロピルメチルフェノール
  • パラフェノールスルホン酸亜鉛

の2つの成分が含まれていることがほとんどです。

あとはこれらに加え、柿タンニン(ニオイ対策ができます)が含まれている制汗剤も多いです。

通販限定で手に入る制汗剤の多くは上記した成分が含まれており、無添加で肌に優しいタイプのものが目立ちます。

イソプロピルメチルフェノールは殺菌作用、パラフェノールスルホン酸亜鉛は制汗作用を持ち、これらはワキ以外の部位でも効果を発揮します。

具体的には足臭、チチガ、すそわきが(デリケートゾーンのワキガ)などでも有効で、ニオイの元となる汗を抑えることで、ニオイの原因物質が発生するのを抑えられます。

ワキでもそれ以外の部位でも基本的にはみんな同じで、汗に含まれる成分を皮膚表面に存在する細菌(皮膚常在菌)が分解することで、ニオイの原因となる物質が生じます。

このとき、通常であれば細菌がそこまで増殖せず、ニオイの元となる物質もそこまでは発生しません。

しかし皮膚表面の細菌が増えすぎることで、汗が分解されて生じる物質もその分増えやすくなります。その結果としてニオイが生じてしまうのです。

イソプロピルメチルフェノールの殺菌作用は細菌の増殖を抑え、パラフェノールスルホン酸亜鉛は汗の量を減らします。

これら制汗作用・殺菌作用を持つ成分を使うことで、ワキガをはじめとしたニオイのお悩みに対処できるようになっています。

塗ってはいけない部位は?

通販でのみ手に入る制汗剤はワキ以外にも足などさまざまな部位に使えますが、注意点としては粘膜に塗らないというのがあります。

粘膜はデリケートなため、いくら無添加の制汗剤といっても使うことができません。

ネット上では「粘膜に塗ったらニオイが消えた」といった口コミが見受けられますが、粘膜のデリケートさを考えるとあまりよろしいとはいえないでしょう。

粘膜以外の部位であれば、あらゆる部位に使えます。

まとめ

ワキガやワキ汗への対策を強調している制汗剤は多いですが、成分的にはワキ以外の部位にも使えるということが少なくありません。

逆に顔汗や足臭、デリケートゾーンについて強調している制汗剤であっても、ワキに使えるものがほとんどです。

このため、制汗剤をひとつ買うことでさまざまな部位に使うことができます。汗の量やニオイが気になる所に意識的に使っていくことで、効率的に汗・ニオイ対策が可能です。

ただ、使う部位が増えると1ヶ月1個では足りなくなることもあります。その場合には注文内容を変更するといいでしょう。

通販で手に入る制汗剤は、購入のコース変更にも柔軟に応じてくれます。

定期購入の規定回数さえ満たしてしまえば休止・再開も好きなタイミングで可能となりますので、柔軟な購入が可能です。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする